地域で活動するための資金がほしい

■武蔵野市の募金・助成事業

ボランティア活動推進のため複数の助成事業を行っています。事業ごとに募集期間、対象となる活動等が異なります。詳細はそれぞれの募集案内をご覧ください。どの助成事業が対象となるかを分かりやすくしたフローチャートや動画があります。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

助成事業一覧
助成事業説明動画(約7分)

赤い羽根共同募金地域配分(B配分)※今年度の受付終了

武蔵野市内で地域福祉の推進を目的とする事業を実施する、民間社会福祉施設を応援する制度です。市内の福祉施設が実施する事業に対し、助成を行います。
例年10月に実施される「赤い羽根共同募金」を財源としています。助成金の決定は「武蔵野地区配分推せん委員会」で審査を行います。

募集チラシ(PDF) 
申請要領(Word)  申請書(Word)  申請書作成要領(PDF)  申請書記入例(PDF)


身近な地域の居場所づくり助成・支援事業

身近な地域の居場所に多世代が集うと、自然と交流できる機会が生まれ、一人一人が様々な役割を発揮することができます。これにより、参加者の「安心感」「自己表現」「地域情報の取得」「悩み・困りごとの早期発見」等につながることを期待できます。市民社協は、身近な地域の居場所づくりを推進し、ご近所同士が顔見知りになることが、支え合いのまちをつくるための仕組みの一つであると考えています。担当職員が居場所立ち上げや運営の支援を行っています。助成事業活用の有無にかかわらず相談をお受けしていますので、お気軽にご連絡ください。

【ご近所同士のつながりを作る居場所を作りたい方向け】動画を公開しました

リーフレット「そこにいけば笑顔と元気がもらえる 身近な地域の居場所づくり」
リーフレット「あなたのオモイをカタチに。身近な地域の居場所づくり助成事業のご案内」 A3版A4縦版
居場所のチカラ~2つの事例から見る身近な地域の居場所づくり支援・助成事業5年のあゆみ
居場所助成団体一覧

申請書 団体構成員名簿 実績報告書 参加者受付簿(参考様式)

地域福祉活動助成  ※今年度の受付終了

「歳末たすけあい・地域福祉活動募金」と「横河・100円募金の会※」からの寄付等を財源として、市内を拠点に活動するボランティア団体の福祉活動を応援する助成制度です。事業に対する単年度助成で、助成金の決定は「武蔵野地区配分推せん委員会」で審査を行います。

※「横河・100円募金の会」とは…横河電機(株)を母体とする横河グループの社員有志が募金をし、ボランティア・市民活動団体などの支援に活用しています 。

令和5年度募集案内(スタート助成下期) 
申請書(データ提出) 申請書(手書き) 記入例(PDF) 実績報告書(Word)

<参考>
令和5年度助成団体一覧
令和4年度助成団体実績報告

食でつながる場(子ども子育て応援助成)※今年度の受付終了

市内で子ども・コミュニティ食堂を運営する団体に活動費の助成を行います。(上限360,000円)
※通年で募集しておりますが、申請前に職員による現地訪問、団体への説明などを行いますので、必ず事前にご相談ください。

募集案内チラシ(PDF)  

【申請書類】
 申請書 事業計画書 収支予算書 スタッフ名簿 実績報告書

学びや遊びでつながる場(子ども子育て応援助成)※今年度の受付終了

市内で子ども学習を行う団体に活動費の助成を行います。(上限100,000円)
※通年で募集しておりますが、申請前に職員による現地訪問、団体への説明などを行いますので、必ず事前にご相談ください。

募集案内チラシ(PDF)

【申請書類】
 申請書(事業計画書兼収支予算書) 団体構成員名簿 実績報告書 (PDF)

子育て支援の場(子ども子育て応援助成) ※今年度の受付終了 

市内で障害児のための活動や子どもおよび子育て家庭を支援する活動を行う団体に活動費の助成を行います。
(上限100,000円、障害児のための活動は上限150,000円)

募集案内チラシ(PDF)   ※下期募集
申請書類一式 記入例(PDF) 実績報告書(Word)
令和5年度上期交付団体一覧

障がい者団体活動助成  ※今年度の受付終了

障がい当事者やその家族で構成された団体の活動費を助成します。(上限150,000円)

令和5年度募集案内チラシ(PDF)
申請書類一式 記入例(PDF) 実績報告書(Word)

令和5年度交付団体一覧 (PDF)
令和4年度助成団体実績報告(PDF)

東京都共同募金会 武蔵野地区配分推せん委員会

民生児童委員・赤十字奉仕団・地域社協・社会貢献企業など、8名の委員により構成される「武蔵野地区配分推せん委員会」の事務局です。武蔵野市内の福祉施設や福祉活動の状況を考慮し、赤い羽根共同募金(赤い羽根:10月、歳末たすけあい・地域福祉活動募金:12月)の配分を行っています。

■外部助成金

外部団体が実施する助成金事業の情報を掲載しています。詳細は各団体へ直接ご連絡ください。

2023年12月23日【NEW】
公益財団法人洲崎福祉財団 令和5年度下期一般助成

【対象エリア】
 申請事業の拠点住所(実施場所)が、東日本エリア(愛知県・岐阜県・福井以東)に所在
【対象事業】
 ・障害児・者の自立と福祉向上を目的とした各種活動
 ・障害児・者に対する自助・自立の支援事業
 ・採択後、令和6年6月1日から申請事業を開始し、令和6年11月30日までに終了する事業
【対象団体】
 ・営利を目的としない次の法人格を取得している団体(公益財団法人・公益社団法人、一般財団法人、
  一般社団法人(非営利型限定)、社会福祉法人、特定非営利活動法人、認定特定非営利活動法人ほか)
 ・法人格のない任意団体は、当財団の理念に沿う公益活動において3年以上の継続的な実績と、これを証明
  する資料があり、且つ今後2年以内に法人化する予定がある営利を目的としない団体であれば対象
 ・難病患者会については、法人格の有無や活動年数などは不問
【申請方法】
 申請書をホームページよりダウンロードし、提出書類と一緒に郵送
【受付期間】
 令和6年1月5日から令和6年2月17日(消印有効)

【問合せ】
 公益財団法人洲崎福祉財団
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町3丁目2番1号 日本橋室町三井タワー15階
 TEL03-6870-2019 FAX03-6870-2119 



2023年12月19日【NEW】
東京ボランティア・市民活動センター ゆめ応援ファンド助成

【応募資格 】
 ①ボランティア・市民活動団体
  ※法人格の有無は問わない ※一般社団法人については非営利徹底型のみ対象
 ② ボランティア・市民活動を推進している民間非営利団体
  ※ボランティア・市民活動センターをはじめ、他団体を支援する中間支援組織も含む
 ③主たる活動エリアが東京都内であること
【助成内容】
 下記①~⑥のいずれかの事業
 ① 学習会・研修会・当事者会の開催  ②調査・研究の実施
 ③ 器具・器材の開発・購入  ④活動にかかわる市民への啓発の実施
 ⑤ボランティア・市民活動団体による先駆的・モデル的活動  ⑥その他
【助成の種類と金額】
 単年度助成
 ・2024年4月1日~2025年3月31日に実施する事業に関するもの
 ・1件(1事業)につき50万円以内
 継続助成
 ・上記助成内容⑤の場合で、3年間まで(~2027年3月31日)の継続的な事業
 ・1年につき50万円(=3年の場合50万円×3年)以内
【応募方法 】
 所定の申請書に必要事項を記入の上、郵送で東京ボランティア・市民活動センターまで申請
【受付期間】
 12月1日(金)~1月24日(水)※当日消印有効

【問合せ】
 東京ボランティア・市民活動センター【ゆめ応援ファンド担当】
 〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1
 TEL03-3235-1171 FAX03-3235-0050 ※月曜・祝祭日休



2023年11月1日【NEW】
公益財団法人洲崎福祉財団 令和5年度継続助成(東日本)

【応募地域 】
 東日本エリア(北海道・東北・関東・中部地方:愛知・岐阜・福井以東)
【事業テーマ】
 A:既存福祉サービスの強化
 B:新規福祉サービスの創造
【対象事業】
 効果/実績が表れるまで1年以上を要し、また助成終了後も継続的発展が期待される事業
 但し、物品購入や施設工事などを主とする事業は不可
【助成期間 】
 令和6年6月から最長で令和9年5月まで(3年間)
【対象団体】
 ・営利を目的としない次の法人格を取得している団体(公益財団法人・公益社団法人、一般財団法人
  一般社団法人(非営利型限定)、社会福祉法人、特定非営利活動法人、認定特定非営利活動法人ほか)
 ・運営年数や年間収益など法人規模は不問
【助成金額】
 年間上限金額は以下のとおり(下限金額は各年とも200万円)
  1年目:2,000万円  2年目:1,000万円  3年目:1,000万円 (最長3年間 最大4,000万円)
【受付期間】
  11月1日(水)から12月23日(土)(消印有効)

【問合せ】
 公益財団法人洲崎福祉財団
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-2-1 日本橋室町三井タワー15階
 TEL03-6870-2019 FAX03-6870-2119 ※平日9:30~16:00(土・日・祝日休み)
 E-mail:info@swf.or.jp