地域で活動するための資金がほしい

■武蔵野市の募金・助成事業

ボランティア活動推進のため複数の助成事業を行っています。事業ごとに募集期間、対象となる活動等が異なります。詳細はそれぞれの募集案内をご覧ください。どの助成事業が対象となるかを分かりやすくしたフローチャートや動画があります。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

助成事業一覧(フローチャートあり)
助成事業説明動画(約7分)

赤い羽根共同募金地域配分(B配分)

武蔵野市内で地域福祉の推進を目的とする事業を実施する、民間社会福祉施設を応援する制度です。市内の福祉施設が実施する事業に対し、助成を行います。
例年10月に実施される「赤い羽根共同募金」を財源としています。助成金の決定は「武蔵野地区配分推せん委員会」で審査を行います。

申請要領 申請書(Word) 申請書作成要領 申請書記入例


身近な地域の居場所づくり助成・支援事業

身近な地域の居場所に多世代が集うと、自然と交流できる機会が生まれ、一人一人が様々な役割を発揮することができます。これにより、参加者の「安心感」「自己表現」「地域情報の取得」「悩み・困りごとの早期発見」等につながることを期待できます。市民社協は、身近な地域の居場所づくりを推進し、ご近所同士が顔見知りになることが、支え合いのまちをつくるための仕組みの一つであると考えています。担当職員が居場所立ち上げや運営の支援を行っています。助成事業活用の有無にかかわらず相談をお受けしていますので、お気軽にご連絡ください。

リーフレット「そこにいけば笑顔と元気がもらえる 身近な地域の居場所づくり」
リーフレット「あなたのオモイをカタチに。身近な地域の居場所づくり助成事業のご案内」
A3横版A4縦版
居場所助成団体一覧
申請書 団体構成員名簿 実績報告書 参加者受付簿(参考様式)

地域福祉活動助成

「歳末たすけあい・地域福祉活動募金」と「横河・100円募金の会※」からの寄付等を財源として、市内を拠点に活動するボランティア団体の福祉活動を応援する助成制度です。事業に対する単年度助成で、助成金の決定は「武蔵野地区配分推せん委員会」で審査を行います。

※「横河・100円募金の会」とは…横河電機(株)を母体とする横河グループの社員有志が募金をし、ボランティア・市民活動団体などの支援に活用しています 。

令和4年度募集案内
申請書類一式 記入例(PDF) 実績報告書

<参考>
令和3年度地域福祉活動助成団体一覧
令和2年度地域福祉活動助成団体実績報告

食でつながる場(子ども子育て応援助成)

市内で子ども・コミュニティ食堂を運営する団体に活動費の助成を行います。(上限360,000円)
※通年で募集しておりますが、申請前に職員による現地訪問、団体への説明などを行いますので、必ず事前にご相談ください。

募集案内チラシ(PDF)

【申請書類】
 申請書 事業計画書 収支予算書 スタッフ名簿 実績報告書

学びや遊びでつながる場(子ども子育て応援助成)

市内で子ども学習を行う団体に活動費の助成を行います。(上限100,000円)
※通年で募集しておりますが、申請前に職員による現地訪問、団体への説明などを行いますので、必ず事前にご相談ください。

募集案内チラシ(PDF)

【申請書類】
 申請書(事業計画書兼収支予算書) 団体構成員名簿 実績報告書

子育て支援の場(子ども子育て応援助成) 

市内で障害児のための活動や子どもおよび子育て家庭を支援する活動を行う団体に活動費の助成を行います。
(上限100,000円、障害児のための活動は上限150,000円)

募集案内チラシ(PDF)
申請書類一式 記入例(PDF) 実績報告書
令和3年度上期子ども・子育て助成交付団体一覧

障がい者団体活動助成

障がい当事者やその家族で構成された団体の活動費を助成します。(上限150,000円)

募集案内チラシ(PDF) 
申請書類一式 記入例(PDF) 実績報告書
令和3年度障がい者団体活動助成交付団体一覧

東京都共同募金会 武蔵野地区配分推せん委員会

民生児童委員・赤十字奉仕団・地域社協・社会貢献企業など、10名の委員により構成される「武蔵野地区配分推せん委員会」の事務局です。武蔵野市内の福祉施設や福祉活動の状況を考慮し、赤い羽根共同募金(赤い羽根:10月、歳末たすけあい・地域福祉活動募金:12月)の配分を行っています。

■外部助成金


外部団体が実施する助成金事業の情報を掲載しています。詳細は各団体へ直接ご連絡ください。

2022年5月25日【NEW】
公益財団法人SOMPO福祉財団 住民参加型福祉活動資金助成

【募集地域】
 東日本地区に所在する団体
【助成対象者】
 5人以上で活動する営利を目的としない法人格の無い団体
【助成対象の活動】
 地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的な支援 を行なう活動に必要な資金を助成。
【助成金額】
 上限:1団体30万円(総額450万円を予定)
【申請方法】
 ホームページの申込フォームに必要事項を入力のうえ、 送信
【募集期間】
 6月1日(水)~7月15日(金)17時まで
【問合せ】
 公益財団法人SOMPO福祉財団
 〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
 TEL03-3349-9570 FAX03-5322-5257

2022年4月21日
一般社団法人東京馬主協会 中央競馬馬主社会福祉財団施設整備等助成事業

【対象施設】
 ・社会福祉事業を行う、社会福祉法人及びNPO法人
 ・NPO法人に関しては、主に障害者関係に従事している施設
【対象事業】
 ①車両の購入 ②備品等の購入 ③その他(修繕工事など)
【助成金額】
 ・助成率は総事業費の75%以内を原則とする。
 ・上限額は、①車両については200万円②什器備品については150万円を原則とする。
  ③その他(修繕工事など)については内容を勘案して助成額を決める。
【応募方法】
 協会ホームページにて申請受付
【募集期間】
 5月31日(火)まで
【問合せ】
 一般社団法人 東京馬主協会  担当:後藤
 〒183-0024 東京都府中市日吉町1番地 東京競馬場内
 TEL 042‐365‐3705  FAX 042‐369‐7472

2022年3月11日
公益財団法人草の根事業育成財団 2022年募集

【対象事業】
 2022年4月1日から2023年3月31日に東京都内で行われる次の分野の事業・活動
  ①障がい者、生活困窮者や事故、災害、犯罪等による被害者の支援を目的とする事業や活動
  ②高齢者の福祉の増進を目的とする事業
  ③勤労意欲のある者に対する就労の支援を目的とする事業
  ④児童・青少年の健全な育成を目的とする事業
  ⑤教育、スポーツ等を通じて心身の健やかな表現と豊かな人間性を涵養することを目的とする事業
  ⑥文化及び芸術振興を目的とする事業
  ⑦地域社会、コミュニティの健全な営みを目的とする事業
【対象団体】
 東京都に拠点を有する非営利活動団体(任意団体を含む)
【助成金額】
 総額400万円 (1事業あたり上限100万円、補助率20~80%以内)
【応募方法】
 「草の根育成助成申請書」に資料を添えて郵送及びE-mailにて提出
【募集期間】
 6月1日(水)~6月13日(月)(消印有効)
【問合せ】
 草の根事業育成財団
 〒182-0024 東京都調布市布田1-15-9-403
 電話:042-427-4278 mail:info@kusanoneikusei.net

2022年3月3日
公益財団法人みずほ教育福祉財団 配食用小型電気自動車寄贈事業

【寄贈内容】
  ①助成内容:配食用小型電気自動車 1台
  ②事業規模:14台(14団体)(予定)
【助成対象】
 以下の3つの条件を満たす団体
  ①高齢者を主な対象とし、原則として1年以上継続して、週1回以上、調理・家庭への配食・友愛サービスを一   貫して行っている
  ②法人・任意団体を問わず、非営利の民間団体である
  ③現在の活動を継続するにあたり配食用の車両が不足しており、本寄贈によって運営の円滑化が見込まれる
【応募方法】
 所定の申請書を記入の上、都道府県・指定都市または市区町村社会福祉協議会、あるいは全国食支援活動協力会 の推薦を受け、郵送
 期限:6月10日(金)必着
【問合せ】
 みずほ教育福祉財団 福祉事業部
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-1 丸の内センタービルディング
 mail:fjp36105@nifty.com