本文へスキップ
社会福祉法人武蔵野市民社会福祉協議会
【2月18日更新】 新型コロナウイルスの影響による休業や失業で総合支援資金を申請された方へ
総合支援資金 生活支援費の再貸付ができます

緊急小口資金及び総合支援資金(特例貸付)の貸付が終了した上で、なお生活にお困りの方を対象に総合支援資金の再貸付を行います

【対象者】
下記の要件をいずれも満たす世帯
 (1)令和3年3月末までの間に緊急小口資金及び総合支援資金(特例貸付)の貸付が終了した世帯
 (2)新型コロナウイルスの影響による減収・休業や失業等により、現在、生活困窮状況にあること
 (3)自立相談支援機関での相談や継続的な支援を受けること
※生活保護世帯は対象外となります
 ※審査により貸付ができない場合があります

再貸付チラシ(PDF)

【貸付上限額】
単身世帯の場合 月額15万円(上限)×3カ月
複数世帯の場合 月額20万円(上限)×3カ月

【受付締切日】
令和3年3月31日(水)

【申請に必要な書類】
 (1)総合支援資金特例貸付(再貸付)申込書
 (2)総合支援資金特例貸付借用書(再貸付)  記入例
 (3)総合支援資金特例貸付 再貸付にかかる申出書
 (4)住民票(世帯全員分、発行後3カ月以内のもの)
※外国人の場合は、在留カードの写しも必要
 (5)預金通帳のコピー
  借受人の氏名と緊急小口資金及び総合支援資金(初回・延長)の送金確認ができる部分
  ※提出できない場合は、本人確認書類(健康保険証、運転免許証、パスポート、マイナンバーカードの
   いずれか)のコピーを提出してください

【その他】
相談・申請が集中し、電話が繋がりにくい場合や窓口が混み合う可能性がありますので、申請する場合はできる限りご自身で書類を準備し、郵送いただきますようお願いします


社会福祉法人武蔵野市民社会福祉協議会